サーフィンのテイクオフ時の手の位置

 

サーフィンのテイクオフですが、かなり重要なアクションです。テイクオフひとつでライディングの良し悪しが変わってきます。

 

テイクオフ時に、手の位置はボードのどの辺りをプッシュしていますか?実はこの手の位置を意識するだけでサーフィンが変わります。

 

テイクオフ時の手の位置

 

これはいろいろな意見があります。腰の辺りに手をついたほうが走り出しが速いとか、胸の前に手をついたほうが立ちやすいとか。

 

私の場合は、胸~みぞおち辺りに手をついています。(もっと詳しく言うと、左手は胸辺りで右手はみぞおち辺りとずらしています。このほうが足を引き込みやすい)

 

理由は、腰の辺りだと力が入らず体を持ち上げる作業がキツくなります。これは床にうつ伏せになってやってみると分かります。逆に胸の前に手をつくと体は起こしにくくなり足を引き付けにくくなります。

 

1番簡単にスムーズに上体を起こして、足を引き付けられる位置が胸~みぞおちの辺りになります。

 

初心者に多いのがレールを掴んでしまうパターンです。レールを掴んでしまうとスムーズに上体を起こせません。必ずボードの上でプッシュアップする意識が必要になります。

 

テイクオフについてとても参考になる動画をご覧ください。

かなり勉強になりますよ♪ ↓↓↓

 

 

 

手の位置 応用編

 

サーフィンのスタンスは人それぞれです。前足加重の人もいれば後ろ足加重の人もいます。どちらが正解とかはありませんが、スタンスによってサーフィンは劇的に変わります。

 

中級者以上になるとステップバックでスタンスを変えることも出来るようになりますが、初心者~初心者上級の方には難しいテクニックです。

 

そこでオススメしたいのが、手の位置を変えることです。

 

どういうことかと言うと、前足加重の方がもっとボードの後ろに乗りたいと思ったとします。ですが、意識してもなかなか後ろのほうに立てないのが普通です。癖が出来てしまっているからです。

 

そこで、テイクオフ時に手をつく位置を、こぶし1個分後ろにずらします。すると自然に後ろ側にスタンスが移動します。

 

不思議ですが、こぶし1個分でボードに立つ位置が変わってくるのです。

 

騙されたと思ってやってみてください。体感できるはずです。

 

逆に、ボードの前寄りに乗りたいと思えば、こぶし1個分前にずらしてプッシュアップすれば自然と前寄りに立てます。

 

この方法であれば、意識するポイントが手の位置だけなので、簡単にスタンスの位置を変えることが出来ます。

 

この方法は、私が初心者の頃にあるプロから教わった方法です。他にも応用を教えてもらいましたが、それはまた次の機会に書きますね。