サーフボードのリッター表示

 

最近増えてきたサーフボードのリッター表示(ボリューム)ですが、実際のボード選びに役立つのでしょうか?

 

答えはYesです。

 

サーフボードのリッター表示(ボリューム)は、あなたをマジックボードに導いてくれる超便利指標なのです。

 

サーフボードのリッター(ボリューム)表示って何?

 

リッター(ボリューム)は、サーフボードの体積を表す指標です。ちなみに、体積=浮力となります。

 

以下、JSのEVOLUTION (エボリューション)というモデルのディメンションです。1番右端のVOLUMEというのがリッター値となります。

 

JSのEVOLUTION (エボリューション)のディメンション

 

次はアルメリックのWeirdo Ripperというモデルのディメンションです。

 

アルメリックのWeirdo Ripperのディメンション

 

 

リッター表示はマジックボードへの近道

 

以前まではサーフボードのサイズにリッター(ボリューム)の表示することは、一般的ではありませんでした。

 

長さ、幅、厚さ

 

この3つがボードに表記されており、サーファーはこの数値を元にボードを選んでいました。

 

こんな感じ⇒⇒⇒ 6’0    18 1/2   2 1/4

 

初心者は絶対思うはずです。

 

『なんだよ、6’0って。なんだよ、18 1/2って。インチ??そもそもなんで日本なのにインチ表記なんだよ。』

 

分かりづらいですよね、確かに。でも、これが普通なのでみんな慣れていきます。

 

そしてボードを何本か乗り換えてくると、自分に合ったサイズがなんとなく分かってきます。だいたい6’0    18 1/2   2 1/4くらいが適正サイズなのかなって。

 

でも、ここからが奥が深いんですよね、ボード選びって

 

だいたいの適正サイズが分かっても、ボードのシェイプ、タイプ、メーカーの違いなど、同じ6’0    18 1/2   2 1/4でも浮力(ボリューム)が違ってきます。浮力(ボリューム)が違えば同じサイズのボードでもサーフィンが変わってきます。

 

そんなこんなで、なかなかマジックボードには出会えないし、上達への道のりも随分遠かったのが今までの状況でした。

 

そこで登場したのがリッター表示です。

 

自分に適したリッター(浮力)が分かれば、メーカーが違ってもモデルが違っても、バシッと適正サイズのボードを選ぶことが可能になります。

 

以前

長さ、幅、厚さから適正サイズを探っていく ⇒ なかなか適正サイズに辿り着けない

 

現在

リッター(ボリューム)から適正サイズを探っていく ⇒ 適正サイズが容易に導ける

 

このように、自分に適したリッター値を見つけることがマジックボードへの最短距離となります。

 

次のボード選びの際にはリッター値を参考にしてくださいね!!本当にオススメですよ!!