ミニボードはテイクオフが速い??

昨今流行りのミニボードですがテイクオフが速いと言われています。ですが、実際はそれほどテイクオフが速い訳ではありません。今回はミニボードのテイクオフについてあれこれ書いてみます。

 

テイクオフの速いボードってどんなボード?

『テイクオフが速いボードが欲しい。どのボードがテイクオフが速いのか?』といった質問を良く受けます。

 

サーフィンが上達すればパドル力やテイクオフの技術も上がるのでボードにテイクオフの速さを求める人は少なくなりますが、初級~中級レベルやブランクからの復帰組、年配のサーファーはテイクオフの速いボードを希望する方が多いです。

 

テイクオフの速いボードは『長いボード』です。

 

単純にテイクオフの速さを求めるのであれば、今乗っているボードより長いボードに乗ってください。更に速さを求めるなら、長くて浮力があってロッカーがフラットなボードに乗ってください。

 

板が長くなることで操作性が犠牲になるのが心配な場合は、今お使いのボードの幅と厚さはそのままで長さだけを長くすればいいと思います。波のサイズによって、幅、厚さを変えずに長さだけを出して対応しているプロもいます。

 

テイクオフが速くパドルも楽で、動きが良くスピードも出て、回しやすくて安定感があって軽いボードが欲しい。そんなマジックボードに当たればいいですが、現実はあれもこれも満たすボードはそうそうありません。何かを重要視すれば何かを犠牲にしなければならないのがサーフボードの特性です。

 

その足し引きの中で、自分に合ったボードを見つけることが上達に繋がります。

 

長いボードがテイクオフ速いのなら、ミニボードってテイクオフ遅いってこと?

単純に言えば、ミニボードのテイクオフは遅いと言えます。

 

では『なぜミニボードはテイクオフが速いと言われているのか?』という疑問が生まれます。

 

ミニボードを使うシュチュエーションは概ね小波ですよね。実際に小波、特に厚い波でミニボードに乗るとかなりテイクオフの速さを感じます。滑り出しは遅いですが、全体的にテイクオフが速いというのは体感的に感じます。

 

ですが、これはテイクオフが速いのではなく、粘れるってことなんですよね。

 

ミニボードは長さは短いですが、ファットで浮力があります。加えてノーズエリア~胸の下辺りにかなりのボリュームがあります。

 

その為、テイクオフ時に前重心でパドルすることが出来ます。パフォーマンスボードなら前重心でパドルするとノーズが刺さってしまいますが、ノーズエリアに浮力があるミニボードは刺さりません。

 

その為、通常なら乗れない波であっても前重心でうねりに乗ったまま追いかけることが出来ます。テイクオフするまでうねりの上で粘れるってことですね。

 

粘って粘って波が割れたときにサッとテイクオフが出来る、それがミニボードのテイクオフが速いと言われる理由です。

 

多くのブランドのミニボードがテイクオフ激速とか驚きのテイクオフ性能と謳っていますが、それはあくまでも売り文句です。しかし、売り文句だからイコール嘘ってことではありません。実際にミニボードはテイクオフの速さを体感出来ます。

 

では、ミニボードを買うのはやめたほうがいいの?

いえいえ、ミニボードが欲しいならどうぞ購入してください。ミニボードはメチャクチャ面白いボードです。ミニボードは短いので動きますし回せます。浮力があるのでスピードも出ます。

 

小波、特に厚い波では最高に面白く、遊べるボードです。セカンドボードとして持っていれば遊びの幅がグンと広がります。セカンドボードで買ったけど、楽し過ぎてメインボードになってしまったというケースも多々あると思います。それ程楽しいボードです。

 

まとめ

■テイクオフの速いボードは長いボード

■更に速さを求めるなら、長くて浮力があってロッカーがフラットなボード

■ミニボードのテイクオフは遅い。だが体感では速く感じる

■ミニボードの滑り出しは遅い。だが走り出すまでうねりの上で粘れる

■その結果、テイクオフが速く感じる

■ミニボードは楽しいし遊べるのでオススメ

■初級レベルの方はミニボードではなく長さのあるボードのほうがフィットする

■初級レベルでミニボードに乗りたい場合はストックサイズの中でも長めのサイズを選ぼう

 

プロからサーフィンを学ぼう!!

サーフィン上達プログラム