プロサーファーのトレーニング

 

プロサーファーのトレーニング動画をピックアップしました。

華やかな表舞台の裏で地道なトレーニングを重ねる姿勢は、一般サーファーにとっても刺激になるはずです。

プロがプロたる所以をご覧ください。

 

ジョエル・パーキンソンのトレーニング

 

オーストラリアを代表するサーフスター、パーコことジョエル・パーキンソン。

 

コンテストで魅せる力みのないリラックスしたライディングは、他のツアー選手とは一線を画しています。

 

一見、ナチュラルにサーフィンだけを楽しんでいる様に見えるパーコですが、実はアスリートとして相当なトレーニングを積んでいます。

 

この動画は、パーコが若手サーファー(CTやQSを回っているプロたち)と一緒にトレーニングしている動画です。

 

ビーチでトレーニングしている姿はシュールに見えますが、本人たちはかなり真面目に取り組んでいるのが分かります。そういった姿勢がプロにとって大事なんだと思います。

 

 

 

ジョン・ジョン・フローレンスのトレーニング

 

2014年は世界ランク3位だったのジョン・ジョン。ワールドタイトルを獲る日も近いと言われています。(追記:ジョンジョンは2016年度のワールドタイトルを獲りました!!)

 

スケーターでもあるジョン・ジョンは、そのスケータブルなエアーやチューブライディングで多くの人を魅了していますが、ビッグウェーブサーファーという一面も持っています。

 

そんなジョン・ジョンのビックウェーブを想定したダックダイブのトレーニング動画です。通常一蹴りのダックダイブを、何度も蹴り込みながら水中を15m以上進んでいます。衝撃的ですね!!

 

 

ジョン・ジョンのスケート動画 ↓↓↓

 

 

 

アラナ・ブランチャードのトレーニング

 

プロサーファーにモデルと女性サーファーの中でもトップクラスの人気を誇るアラナ・ブランチャード(Alana Blanchard)

 

その美貌がフォーカスされメディアへの露出も高いですが、アスリートとしての努力も怠っていないようです。

 

 

 

ビッグウェーブサーファー Paige Almsのトレーニング

 

ビッグウェーブにもチャージする女性サーファーとしてコアなファンも多いPaige Alms。メンズサーファーでも尻込みするジョーズにもチャージする根性のある女性です。

 

そんなPaigeがビッグウェーブに巻かれた時にパニックにならない様にトレーニングしている動画です。

 

ハードなコンディションでは1分以上水面に上がって来れないこともあるので、こういったトレーニングが必要なのです。

 

 

Paige Almsのプロモ動画 ↓↓↓

 

 

 

メンズのビッグウェーブサーファーはもっとスゴイ!!

 

ビッグウェーブサーファーでもトップクラスになると、もうサーフィンのトレーニンではなく武道家の修行の様な感じになってきます。

 

生と死の狭間で勝負する男たちの生き様が伝わってくるトレーニング動画です。

 

 

 

おまけ:ケリースレーターはもっとスゴイ!!

 

ご存知、KING OF SURFING ケリースレーターですが、もう普通のトレーニングとかではなくガッツリと格闘技をやっています。

 

さすがと言うべきか、持っている体幹の強さとバネが見てとれます。さすがにここまでやると怪我とか心配になりますが(笑)