Average Joeのアウトライン

アルメリック Average Joe(アベレージジョー)はファンボードになります。

 

simple(シンプル)、fun(楽しく)、easy(簡単)

 

この3つをコンセプトとした”誰にでも乗り易くて楽しく遊べる”、アルメリック一押しのファンボードです。今回はAverage Joe(アベレージジョー)についての簡単なインプレです。

Average Joe(アベレージジョー)の感想とインプレ

Average Joe(アベレージジョー)は小波用のファンボードです。

 

Average Joeのアウトライン

ノーズにもしっかりとボリュームのあるボテッとしたアウトラインです。

 

従来ファンボードと言うとショートボードより長いものが普通でした。ロングとショートの中間くらいですかね。長さがあるほうが安定性が増し、初心者でもテイクオフしやすいというメリットがありました。

 

しかし、長さがある分、サイズが上がるとドルフィンでボードを沈めるのが難しかったり、沖に出れなかったりというデメリットもありました。

 

驚くことに、このAverage Joe(アベレージジョー)はショートと同じくらいの長さで遊ぶセッティングになっています。

 

Average Joe(アベレージジョー)のサイズ表

長さは短くなっていますが、幅、厚みを十分持たせているので初心者でも割と簡単に立つことが出来ます。

 

短いのでドルフィンもしっかりと沈めることが出来ます。初心者でも簡単に楽しくサーフ出来ます。まさに、サーフィンを超簡単にする次世代のファンボードなのです。

Average Joe(アベレージジョー)のまとめ

このボードのコンセプトですが、simple(シンプル)、fun(楽しく)、easy(簡単)の3つを掲げています。

 

アルメリックが過去6年間に及ぶデモツアー(試乗会)で学んだことがあるそうです。

 

誰もがプロの様なサーフィンを求めているわけではないこと。誰にでも簡単に楽しくサーフィン出来るボードが必要だということ。

 

その学びから生まれたボードが、Average Joe(アベレージジョー)です。このボードは安心して初心者に勧められます。

 

『おい、いい加減なこと言うな。初心者は長めのボードから練習するのがセオリーだろ。』

 

なんてお叱りを受けるかもしれません。ですが、サーフィンは楽しくなければ意味がありません。ドルフィンで挫折してほしくはありません。1日でも早く立てたほうが楽しいですし、横に滑れたら最高の気分を味わえます。

 

Average Joe(アベレージジョー)は、そんなサーファーのアシスタントをしてくれる楽しいボードです。短いとか関係ありません。

 

あえて短くしているのです。

 

オススメ出来るのは初心者だけではありませんよ!!中級者以上のサーファーでも十分楽しめるボードです。経験あるサーファーならサイズ表を見れば分かるはずです。そのサイジングの無茶ぶりが!!!

 

長さに対しての幅と厚みがバケモノみたいになっています。ボリュームを見ると超浮力です。この超浮力で小波に浮かびながらサーフする感覚は想像以上に楽しいですよ♪

 

以上が、Average Joe(アベレージジョー)についての簡単なインプレです。

 

【追記】2014年2月8日

アベレージジョーですが、かなり反響が大きいですね。アルメリックがこんな板を出してくるんだ!?みたいな驚きの声が聞こえてきそうです。

 

ちなみに、以下の様なサーファーからの需要が多いです。

■ ロングとの併用

■ ロングからの転向組

■ パドル力が落ちた年配の方

■ 以前サーフィンをやっていた復活組

■ ホームが小波のコンディション

■ 初心者

■ 遊びを追及する玄人

 

アルメリックのファンボードでスパームホエールというモデルがあります。”アベレージジョーとスパームホエール、どちらがオススメですか?”という質問を受けますが、スパームホエールは中級者以上の方にオススメしたいモデルになります。幅はしっかりとありますが、厚さやレールが薄いので乗り手を選びます。

 

その点、アベレージジョーは乗り手の幅が広いボードです。しっかりとした浮力でパドル力も補助してくれます。アベレージジョー、オススメですよ!!