デーンレイノルズのテイクオフ

 

”デーンレイノルズのテイクオフには秘密がある。”

 

秘密というのは大げさですが、デーンのライディングを見ていてテイクオフ時のある特徴に気がつきました。今回は、デーンレイノルズのテイクオフについての記事です。

 

テイクオフ時、どちらの足から立っていますか?

 

サーフィンは、テイクオフするときにボードの上にスタンドアップします。

 

その時に、

 

前足から立ちますか?

後足から立ちますか?

それとも両足同時に立ちますか?

 

いきなりそう聞かれても、すぐには答えは出てこないはずです。普通はなにげなく無意識にスタンドアップしているからです。

 

自分のライディングをビデオで撮っている方は、スローでチェックしてみてください。ビデオのない方は頭の中でゆっくりスタンドアップを再現してください。

 

『前足から立つよ、おれは。』って方は、よくパーリングしていませんか?テイクオフの初動から前足加重になるので当然パーリングも増えますよね。

 

『両足同時だね、おれは。』

このパターンが1番多いと思います。両足同時にスタンドアップしています。無意識にサッとですね。

 

『おれは後ろ足から立つよ!!』って方は、デーンレイノルズと同じです。

 

そうです、デーンも後ろ足から立つ派なんです。

 

デーンレイノルズは後ろ足からテイクオフしている

 

デーンのテイクオフは、後ろ足を最初に立て遅れて前足を立てます。後ろ足からワン、ツーと言う感じでステップしています。

 

デーンが後ろ足からスタンドアップしているのが分かります。↓↓↓

 

 

どうですか?後ろ足が最初で、遅れて前足で立っています。パッと立つのではなく、パパッとです。

 

スローで見ているからこそ分かる違いなので、実際にはほとんど同時にスタンドアップしているように見えます。ですが、実際には動画の様に後ろ足のほうから先に立っています。

 

他のプロはどうなんだ?ってことで、ミックファニングのテイクオフを見てみましょう。

 

デーンも出てくるので比較出来ます。

 

 

ミックの場合は、デーン程ではないですが後足が若干先に、もしくはほとんど同時のように見えます。

 

後ろ足からのほうがいいのか?

両足同時のほうがいいのか?

 

どちらが良いとか悪いとかではなく、デーンの場合はそういった特徴が顕著にみられるということです。

 

ただ、板を踏み込むというイメージで考えると、デーンのやっている様に後ろから前に立ったほうが、板を踏むイメージを付けやすい感じはします。

 

興味を持った方は実際に試してくださいね。パッと立つのではなく、パパッとです。

 

以上がデーンレイノルズのテイクオフについての記事です。

 

おまけ

 

一般的なテイクオフの参考になるHow To 動画です。デーンと違って両足でサッと立つのが基本の様です。