ショートボードの面白さって、やはり縦へのアクションですよね。ボトムで貯めたパワーをトップでリリースするあの感覚、板が返ってくるあの感覚、当て込みのあの感触はサーファーの脳裏に焼き付きます。

 

そして、サーフィンをやればやるほど、もっと早く、もっとパワフルに、もっとスタイリッシュにリップを決めたい欲求は高まります。

 

当て込み

 

初心者の方は、まだまだ自分のレベルの先にある当て込みに想いをはせることもあるでしょう。

 

波待ちをしていると上手いサーファーが乗って行く。その姿を波の後ろから追いかけていくと、波の切れ間からボードがバシッと出てきてさっと消えていく。そしてまたバシッと出てきて消えていく。

 

「あぁ、かっこいいな~。自分も早く当て込みたい!!」こういう想いはほとんどのサーファーが一度は通る道ではないでしょうか。

 

今回の記事は、アップスが出来るようになった初心者やもっとリップをもっと極めたい中級者向けの記事になります。

 

そういった方はぜひこの記事を参考にしてレベルアップに役立ててください。

 

当て込みするためのコツ

 

アップスは出来るようになったけど当て込みがまだ出来ないサーファーは、思い切って板を変えてみることをオススメします。

 

それも今まで乗っていたボードよりかなり短めのものに。

 

すると何が起こるかと言うと板が今まで以上に動いてくれます。自分の動かしたいように板が反応してくれるんですよね。

 

でも、ここで注意して欲しいのが、動かし易くなったからといってガチャガチャ動かさないってことです。

 

動かしたいのをあえて我慢するんです!

 

例えば、テイクオフ。

 

動かしたいのを我慢してボトムまで降りてみてください。ここがポイントなんですが、あなたが思っているボトムのまだ↓が、本当のボトムです。初心者の方は、この本当のボトムまでは降りていないことが多いんです。

 

本当のボトム

 

我慢してここまで降りてくると、どうなるのか?

 

ボトムまで我慢していた動き(力)を横や縦にリリースしてあげると、自然とトップに板が向かっていき、自然に板が返ってくるようになります。

 

動くのをあえて我慢することで想像以上のアクションが可能になります。ぐぅ~と溜めて溜めてドカンと爆発させるイメージです。

 

では、短ければどんな板でもいいのかと言うとそんなことはありません。短くなった分、幅や厚みを調節する必要があります。

 

では、調節すればどんな板でもいいのかと言うと、これもそうではありません。実は当て込みやすい板の作りというのがあるんです。

 

ボードの重心設定やテールの形状、コンケーブの入り方などで当て込みやすさが大幅に変わってきます。

 

今回は、そんなチェーンナップを施した当て込みを簡単にするボードを紹介します。

 

それがアルメリックの新しいモデル ”WEIRDO RIPPER”です。

 

weirdo ripper

アルメリック WEIRDO RIPPER

 

アルメリックのWEIRDO RIPPERは、小波からミディアムサイズの波に最適なオールラウンドボードです。

 

まずはその実力を見てください。 ↓↓↓

 

WEIRDO RIPPERのボードコンセプトは、名前の通り、リップをより簡単にスタイリッシュに決めやすくすること。

 

実際に乗ってみるとかなり当て込みやすいですよ!板の返しでも通常の板よりもクイックな感触がつかめます。

 

縦へのアクションをもっと極めたい方や、アップスの次のステップに進みたい方には、レベルアップの大きなキッカケとなってくれるモデルです。

 

では、初心者には向いていないモデルなのかと言うとそんなことはありません。当店では初心者にもこのボードを勧めています。なぜなら、”かなり乗りやすい”からです。

 

実際にパドルしてみると分かりますが、かなり浮力があり楽にパドル出来ます。テイクオフの滑り出しもかなり速いというか思いっきり速いので、たるめの日本のビーチブレイクでは多くの波を取ることが可能だと思います。

 

今までいろんな板に乗ってきましたが、この板は本当にリップアクションがやり易いです。RIPPERの名はダテじゃありません。

 

板が勝手にリップアクションしてくれるとまではさすがにいきませんが、自分の実力以上のものを簡単に引き出してくれるボードだというのは断言しておきます。

 

以上が今回の記事になります。次のレベルに進みたい方はぜひ参考にしてください。

 

WEIRDO RIPPERのテール形状