カットバックは波のパワーゾーンに戻るために使う技です。カットバックが出来るようになるとサーフィンが更に面白くなります。

 

カットバックは絶対にマスターしたい技ですね。今回の特集は、カットバックをマスターするための6つのコツを紹介します。

カットバック6つのコツ

①カットバックはスピードが命

進行方向とは逆向きにターンするカットバックを決めるためには、技に入る前のスピードが大事です。

 

スピードがない状態でカットバックを試みても失敗します。

 

カットバックはスピードがない状態では試みるのではなく、スピードがついている状態で練習するのがコツです。

 

②カットバックに必要な腕の振り

カットバックはバックサイドと同じ様に体の開きが重要です。特に、後ろ腕を意識して行きたい方向にリードします。

 

バックサイドのコツは腕の振り

 

③スケボーで練習する

カットバックは目線と上半身を早め早めで先取ります。

 

この感覚は陸上のイメトレで掴めます。スケートボードを使って何度も何度もこの動きを反復してください。

 

頭の中だけではダメですよ! 体を使ってください。これをやるかやらないかでかなり差が付きます。

 

Carver(カーバー)はサーフィンの練習、オフトレになるのか?

 

④カットバックは傾斜があるセクションで練習すべき

よく言われていることに、カットバックの練習は緩やかな波や厚い波で練習したほうがいいというのがあります。

 

これは間違いです。

 

カットバックは、少しホレるくらいの波や傾斜があるセクションで練習したほうが早くマスター出来ます

 

なぜなら、そういった波やセクションのほうがターンに入るきっかけが作りやすいからです。

 

カットバックで難しいのはスピードのコントロールです。カットバックを試みて転んでしまうのはスピードが出ていないからです。

 

緩やかな波や厚い波では、このスピードをつける技術がカットバック以前に必要になります。

 

これが少しホレた波や傾斜があるセクションであれば自然とスピードもついてきますし、波に十分な傾斜があるためボードを傾けやすくなり、カットバックに入るきっかけ作りになります。

 

これは私の経験からも一押しの練習法です。カットバックで転んでしまう方はお試しあれ!!

⑤手のひらの向きがポイント

サーフィン バックサイドのコツ~魔法の手のひら~

 

⑥リエントリーのコツ

カットバックのリエントリーあれこれ