ネックベアードとWeirdo

 

ネックベアードとWeirdo Ripperはどちらも浮力系のボードです。浮力を活かして短く乗るセッティングやボリュームなど共通点が多い2つのモデルですが、どちらがテイクオフが速いのか実際に乗り比べてみました。さて、ネックベアードとWeirdo Ripper、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

2つのモデルの共通点

 

ネックベアードとWeirdo Ripperには、同じ浮力系ならではの共通点がいくつかあります。

 

まずは、アウトライン ↓↓↓

 

ネックベアードとWeirdo

 

この画像はどちらも5’8です。アウトラインはネックベアードのほうが幅広です。

 

一見、ネックベアードの方がボリュームがありそうですが、浮力はWeirdo Ripperのほうが若干あります。ネックベアードは29.6L、Weirdo Ripperは30.1Lとなります。

 

どちらも、一般的なサイズと比べるとしっかりとした浮力があります。この浮力を活かすライディングすることで、かなり面白いサーフィンが出来ます。

 

浮力の大小は、必然的にテイクオフのスピードやパドルの速さに繋がります。この2つのモデルは十分な浮力に加え、ロッカーをフラットにすることにより、激速のテイクオフを生み出しています。

 

うねりからしっかりとパドルすれば、通常のショートよりワンテンポ速くテイクオフすることが出来ます。

 

では、いったいどちらの方が速いのか、本題に入ります。

 

ネックベアードとWeirdo Ripper どちらのほうが速いのか?

 

いきなり結論から行きますよ~。

 

テイクオフは、Weirdo Ripperのほうが速い。

 

ただしその差は若干です。

 

具体的に言えば、テイクオフの速さ自体は同じです。どちらも激速です。

 

ただ、滑り出しの良さで言えば、Weirdo Ripperのほうがフィーリングが良かったです。おそらく、Weirdo Ripperのほうがボードの前部にワイデスポイントがある影響かもしれません。

 

フィーリングに関しては、個々で感じ方が違うので、あくまでも私個人の意見です。

 

テイクオフ後のスピードですが、これはネックベアードのほうが速いですね。テールにボリュームがあるので波の力をもの凄く拾います。

 

これをと感じる方もいると思いますが、私的には個性だと思います。乗りこめば乗り込むほど味が出る、そんなボードですね。

 

私の結論

 

ネックベアードとWeirdo Ripper、どちらを買おうか迷われる方は多いです。

 

1番簡単な決め方で言うなら、

 

自由にフリーサーフィンを楽しみたいならネックベアードをオススメします。

 

ネックベアードは、デーンレイノルズのサーフィンの様にスタイル重視です。その圧倒的な個性を活かした乗り味でサーファーを楽しませてくれます。

 

浮力を活かしつつ、アクションも際どく攻めたいのならWeirdo Ripperをオススメします。

 

実際にWCTを回るトッププロのエクイットメントの中にもWeirdo Ripperが準備されています。魅せるアクションが必須なコンペシーンでも、頼ることが出来るボードだという裏付けですね。

 

デーンレイノルズのクイックシルバーPROでのエクイットメント ↓↓↓

 

デーンレイノルズのWeirdo Ripper

 

1番右がWeirdo Ripperです。

 

おい、あんたのせいでどっちも欲しくなったじゃないかぁ(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

 

なんてクレームはナシでお願いします(笑)どちらも本当に良いボードなので、こういった結果になりました。m(-_-)m